野球肩

 野球肩について

 野球肩とは、投球動作によって発症した肩の痛みを主とする肩関節障害の総称で、一般的には使いすぎの障害として徐々に痛みを発症することが多い障害です。滑液包炎、上腕二頭筋腱炎、棘上筋腱炎、棘下筋萎縮、インピンジメント症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーガー肩)などを含みます。

主に、オーバーユース(使いすぎ)によることが原因であることが多いですが、肩痛が出ているのは、肩の問題だけではないことがほとんどです。

 野球肩の本当の原因

野球肩の痛みの原因は、一般的にはオーバーユースであると言われていますが、肩が傷んでしまうのは最終的な結果であり、原因が別にあります。

肩に負担がかかりやすくなっている原因は大きく分けて3つあります。

(1)筋肉が緊張しすぎている
(2)動作に「硬さ」や「乱れ」がある
(3)姿勢が悪かったり、身体に左右差は発生している

上記の問題点について、詳しく解説すると

筋肉が緊張しすぎていないか

野球肩では、肩周辺をはじめとする筋肉の緊張が高まることで、痛みや炎症を引き起こしてしまいます。

動作に「硬さ」や「乱れ」がないか

痛みが出るのは肩ですが、「肩甲骨」や「股関節」などの肩以外の関節の動きが悪くなってしまうことで、結果として肩の関節に無理が生じ、ストレスを増やしてしまっていることがあります。肩以外の関節の動きを高めていくことが結果として肩の症状を緩和させます。また、投球フォームなどの動作自体にも問題があることも考えられます。

姿勢が悪かったり、身体に左右差は発生していないか

痛みを感じるのは投球時ですが、「運動外の姿勢」の悪さが、首や肩に負担を増やしてしまっています。スポーツをしている時だけに問題があるわけではないのです。野球肩を発症する子供は、授業中の姿勢が悪い子に多いです。

 当院ならではの野球肩治療法

健スマ整骨院では、痛みを早期に改善することと根本的な原因から改善を行えるように、野球肩の治療では主に3つの施術を行っています。

野球肩治療① 筋膜調整

施術風景野球肩を引き起こしてしまっている筋肉の緊張を手技で改善をしていきます。肩だけでなく、肩甲骨や股関節などの関連性の高い箇所も同時に調整を行っていきます。

野球肩治療② 姿勢矯正

施術風景野球肩の症状を長引かせてしまう要因である「不良姿勢」に対して姿勢矯正を行っていきます。根本的な原因から改善することで、その場だけ楽になるのではなく、長く良い身体作りをサポートしていきます。

 

野球肩治療③ 炎症を抑える

炎症症状を抑えることに特化したハイボルト療法で、強い痛みを抑え、治癒速度を向上させていきます。1回の施術で痛みが大きく変わることが多いので、好評をいただいている施術です。

 

 ご予約はこちらから

野球肩の専門治療をご希望の方は、お電話、LINE、メールの予約方法より、1つお選びください。

電話
WEB予約
LINE予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

 アスリートも通院されています

滋賀県野洲市にある健スマ整骨院では、アスリート選手も定期的に通院いただいている整骨院です。安心して私たちにお任せください。

【プロサッカー選手 村田 和哉さん】

利用者様との写真

2011-2012 セレッソ大阪
2013-2018 清水エスパルス
2019 柏レイソル→アピスパ福岡
2020 レノファ山口FC

【元プロフットサル選手 三木 誉さん】(デウソン神戸→バザジィ大分)