テニス肘

 テニス肘について

 テニス肘は、正式名称を「外側上顆炎」と言います。物を掴んで持ち上げたり、タオルを絞るような動作で肘の外側から前腕にかけて痛みを感じます。主にテニスによって肘部に生じる障害を言いますが、ゴルフや卓球、バドミントンなどのスポーツや、スポーツ以外の手作業でも生じることがあります。40〜50代の女性が家事による手の使いすぎで発症することも多く見受けられます。

「肘の外側が痛む」という方は下記の2つのテストを行ってみてください。

1、中指に力を加える

痛みのある側の中指を反対側の指で抑え、抵抗を加えます。その時に痛みのある側の中指を反らし、痛みが現れたら陽性です。

2、手首で椅子を持ち上げてみる

肘を伸ばしたまま、椅子を手首で掴み、持ち上げるようにしてみてください。この時に痛みが現れたら陽性です。

この2つのテストで両方痛みが出たという場合は、外側上顆炎の疑いが強いです。

 テニス肘の本当の原因

一般的なテニス肘の治療では、痛みの出ている箇所の炎症を抑えることを目的に、患部に対して処置をしたり、スポーツを休止させられることがほとんどです。しかし、肘の外側に痛みが出ているのはあくまで最終的な「結果」であり、本当の原因は別の箇所にあることが多いです。

テニス肘の直接的な痛みの原因は「筋肉」の緊張によるものです。

筋肉は「筋膜」と言って1つだけの筋肉を使って身体を動かしているわけではなく、様々な筋肉と連結し、協力しあって動かしています。テニス肘(外側上顆炎)の原因となる筋肉は図のような繋がりをしています。

上の図では、水色で色付けているのが筋肉です。痛みを出している筋肉は、図のように肩の筋肉や、首、背中の筋肉と繋がっています。最終的に悪くなってしまっているのは、肘の部分ではありますが、身体というのは、色々な部分と協力して動かしたり、支えたりしていますので、一部分だけ悪くなってしまうことはありません。ですので、肘の部分だけではなく、肘に負担を増やしてしまっている別の箇所の施術が早期改善をしていく上では、重要なポイントとなります。

☑︎腕の筋肉や手の筋肉を「揉んだり」「伸ばしたり」してケアを行っている。

☑︎痛みのあるところに対して電気を当てたり、マッサージを受けている

☑︎痛みのある部分に対してアイシングを毎日行っている

☑︎安静にしていないと治らないと言われたので、スポーツを休止している

 当院ならではのテニス肘治療法

健スマ整骨院では、痛みを早期に改善することと根本的な原因から改善を行えるように、テニス肘の治療では主に3つの施術を行っています。

テニス肘治療① 筋膜調整

テニス肘を引き起こしてしまっている筋肉を手技を通して調整を行っていきます。肘周囲の筋肉のみならず、痛みに関与している筋肉を全体的に調整をしていきます。

テニス肘治療② 炎症を抑える

肘部で発生している炎症を高電圧機器であるハイボルトを使用し、痛みを抑制していきます。炎症反応を早期に改善することができるので、症状の治癒を促進することができます。

 

テニス肘治療③ 姿勢矯正

施術風景テニス肘を発症される方のほとんどは、姿勢が悪くなってしまっています。姿勢が崩れてしまうことで、余分な負担が全身にかかることとなり、結果として筋肉の緊張を生みやすくしてしまっています。ストレッチ矯正を通して、身体の軸である姿勢から改善を図っていきます。

 

 ご予約はこちら 

お電話、メール、LINEの中からお一つお選びいただき、お問い合わせください。

電話
WEB予約
LINE予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。