脊柱管狭窄症の特徴