スポーツ障害

 こんなお悩みはありませんか?

滋賀県野洲市、守山市を中心に健スマ整骨院へ来院される、スポーツでの怪我でお悩みの患者様の一例をご紹介します。

◆ 練習中や試合中に捻挫や肉離れを起こしてしまった
◆ 膝のお皿の周りが走ると痛い
◆ 走ったりジャンプをするとスネや膝、股関節が痛い
◆ テニス肘やゴルフ肘と病院で診断された
◆ 痛みのせいで練習や試合に出ることができない
◆ 大事な試合がもうすぐ近づいているが、怪我が心配・・・
◆ 定期的にコンディションを整えたいと思っている


当院では、あらゆるスポーツレベルの方に対して、早期にフィールドに復帰したり、怪我を気にすることなくスポーツを楽しんでいただけるようにサポートさせていただいております。又、定期的なコンディション調整でご来院される利用者様も多くおられれます。

 スポーツ障害とは?

 放置しておくと何年も症状が消えないことも…

継続的にスポーツをしていると、それほど大きな負荷でなくても、同じ部位に繰り返し力が加わることになります。力が加わり続けている部位は、疲労が溜まり続けることによって弱い力でも骨折や捻挫、炎症などを起こしやすくなります。また、筋肉や骨などが酷使されることで、「成長痛」のような部分的に変形や障害を起こしてしまうこともあります。

スポーツ障害で痛めやすい部位は、スポーツの競技によって異なりますが、腕や肩、脚、腰などに多く、ほんの少しの力が加わっただけで怪我をしたり、患部が悪化したりするケースもあります。

当院で専門的に診ているスポーツ外傷の種類

☑︎捻挫 専門ページはこちら>>>

☑︎肉離れ 専門ページはこちら>>>

☑︎打撲 専門ページはこちら>>>

☑︎野球肩 専門ページはこちら>>>

☑︎野球肘 専門ページはこちら>>>

☑︎突き指 専門ページはこちら>>>

☑︎インピンジメント症候群 専門ページはこちら>>>

☑︎テニス肘、ゴルフ肘 専門ページはこちら>>>

☑︎ジャンパー膝 専門ページはこちら>>>

☑︎オスグットシュラッター病 専門ページはこちら>>>

☑︎鵞足炎 専門ページはこちら>>>

☑︎アキレス腱炎 専門ページはこちら>>>

☑︎シンスプリント 専門ページはこちら>>>

☑︎足底筋膜炎 専門ページはこちら>>>

を専門的に診ております。

その他、スポーツによる怪我であれば、是非一度健スマ整骨院・整体院にご相談ください。

スポーツ障害の主な原因

スポーツによって怪我の原因は様々ですが、主に4つの原因が考えられます。

原因① 「動作不良」

身体の使い方の悪さによって引き起こされてしまうケースです。例えば、野球の投球動作が多く、肩を痛めてしまった一例では、下半身である股関節の動きが悪くなっている結果、上半身の肩の部分に無理が生じて「野球肩」を発症したケースがあります。スポーツでの身体の動きというのは、「一部分の動き」ではなく「身体全体の動き」が正しく使えていないと、局所に負担が増えることになり、怪我をしてしまう原因となるのです。

原因② 「アライメント異常」

もともとの骨の並び方や問題がある場合のケースです。足部におけるハイアーチや扁平足、O脚やX脚などがアライメント異常にあたります。このようなアライメント異常があると、小さな外的ストレスでも同じ動作や負担がかかることで、怪我を引き起こしやすくなってしまいます。

原因③ 「外的要因」

使用している用具があっていない、コートや路面などの負担が大きいなどの外的環境によってストレスが加わってくるケースです。スパイクやシューズを変えてみたら、痛みが軽減されたり、コンクリートで走っていたのをクレーンのグラウンドで走るようにしたら痛みがなくなったなど、環境やプレースタイルを変えれば症状や痛みにも変化が出るような状態です。

原因④ 「トレーニング内容

練習量が多すぎる、練習内容があっていないようなケースです。成長段階に応じてトレーニングの内容や強度を徐々にあげていかないと怪我を引き起こしてしまう原因となります。特に小・中学生のスポーツ選手では、部活やスクールでの練習量が多すぎることに気づかず、怪我を追ってしまうことになっているケースもあったりします。

 スポーツ中の怪我の対処

 RICE処置が基本

スポーツ中に怪我をした場合、基本原則”RICE”処置を行っていきます

(1)局所を安静(Rest)
受傷直後から痛めた箇所の修復作業が始まって行きます。無理をしてそのまま運動を続けるとその分だけ修復作業が遅れ、回復するのが遅くなってしまうので、安静にするようにしましょう。
(2)冷やす(Icing)
冷やすことで痛みを軽減することができ、腫れや炎症を抑えることができます。
(3)圧迫を加える(Compession)
適度な圧迫を痛めた箇所に加えることによって、腫れや炎症を抑えることができます。
(4)高く上げておく(Elevation)
心臓よりも高い位置に挙上することによって重量を利用し、腫れや炎症をコントロールすることができます。

<Q &A>
Q1. いつRICE処置を行えば良いですか?
A1. 受傷後や腫れ、炎症があるときは行うようにしてください。炎症が起こっている時の判断は、患部を触った時に反対側と比べて熱を持っていると感じたら炎症がまだ残っている時です。

Q2. どのくらいの間、行ったら良いですか?
A2. 基本的には15分~20分のRICE処置が目安になります。そして3~4時間間隔で再度RICE処置を行うようにしてください。症状によりますが受傷後2〜3日このサイクルを繰り返します。

 

 アスリートも通院されています

滋賀県野洲市にある健スマ整骨院では、プロスポーツ選手も定期的に通っている整骨院なので、安心して私たちにお任せ下さい。

【プロサッカー選手 村田 和哉さん】
2011-2012 セレッソ大阪
2013-2018 清水エスパルス
2019- 柏レイソル → アビスパ福岡
2020- レノファ山口FC

【元プロフットサル選手 三木 誉さん】
(デウソン神戸→バザジィ大分)


【元プロフットサル選手 林 康佑さん】
(大阪シュライカー)

 スポーツ障害に対する当院の治療

健スマ整骨院では、「早期に怪我を改善し、最短でスポーツ復帰を目指す」お手伝いをさせていただいております。また、院長自身も学生時代は怪我で苦しんでいましたが、100%の状態で練習を行っている選手はほとんどいません。何かしら怪我を抱えながらも、練習に参加しないといけない理由があったりするものです。ですので、状態を判断してからですが、練習を続けてもらいながらもコンディションを戻して行くことも可能です。今置かれている環境と怪我の程度を考慮した上で、適切な判断をし、施術を行っていきます。
また、再発予防や高いパフォーマンスを維持するためにメンテナンスで体の疲労回復や、体の調整も行っております。

スポーツ障害施術① 筋肉調整

疲労が溜まっている筋肉や、緊張してしまっている筋肉をほぐし、血流を改善することで機能的な筋肉を作っていきます。

スポーツ障害施術② 動作改善

スポーツ特有の動作を分析した上で、連動性の高い身体を作り、痛みが再発しづらい状態を作っていきます。主に筋膜リリースと呼ばれる特殊手技やストレッチ施術を通して、動作を改善し、柔軟性を高めていきます。

スポーツ障害施術③ 特別3D電気治療

野球選手のダルビッシュ選手や元阪神タイガース監督 金本さんが個人で使用されているのと同じ特殊な電気治療になります。即効性が高く、疼痛緩和には最適な治療機器になります。

 ご来院から施術までの流れ

当日はこのような流れで施術を行います

初診時の流れ

詳しくはこちらをクリック>>>

 ご予約はこちらから

以下3つの予約方法より、1つお選びください。
時間の変更やご質問などをお気軽にしていただけるLINE予約が最もお勧めです。

電話
LINE予約
WEB予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

 

 

ブログ

  1. 2020.05.18

    早起きと朝日で免疫力を高める

  2. 2020.05.14

    自分でできる腸腰筋のリリース方法

  3. 2020.05.11

    腹筋を割るための9種のトレーニング