野洲市にある肩こりの整体が得意な整骨院

 肩こりの症状

健スマ整骨院にこのような肩こりの症状でお困りの方が多くご来院されます。あなたはどのようなことでお困りですか?

☑️ 長時間のデスクワークなどで同じ姿勢が続き、肩が張っている
☑️   肩のコリが強い時は頭痛や吐き気が出てくることがある
☑️   四十肩・五十肩で腕を上げた時に強い痛みを感じる
☑️ 首の付け根のつまりがひどく、つい押さえてしまう
☑️   仕事の集中力が低下して困っている
☑️   マッサージにたまに行っているがその場だけですぐに戻ってしまう
☑️   腕や背中にしびれを感じることがある

肩こりから頭痛や腕の痺れに繋がることも…
野洲市、守山市を中心に肩こりや頭痛でお悩みの方が、健スマ整骨院へ多数ご来院されます。
肩こりは慢性化すると頭痛や吐き気、腕の痺れなどに繋がることもありますので、お早めの対処をお勧め致します。肩こりは放っておいて良くなることはありませんので、根本的な対処がとても重要です。

利用者様との写真

 肩こりの原因

(引用)
“人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです”
引用元: くすりと健康の情報局-第一三共ヘルスケア-

筋肉の緊張と血行不良がほとんどの原因

肩こりの原因は様々ですが、多くは首から肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなることによって肩こりを引き起こします。筋肉が緊張する大きな理由の一つとして、「姿勢の悪さ」が挙げられます。上記の通り、人間は常にバランスを取りながら座ったり、歩いたりしていますが、姿勢が崩れてしまうことによって、筋肉に余分な負担がかかることになり、肩こりを悪化させてしまうのです。

姿勢の悪さと頭の関係

ストレートネック姿勢の悪さで特に重要になってくるのが、「首の姿勢」です。正常は図のように、滑らかなカーブを保ち、頭という重りを支えているのですが、これがまっすぐになったり(ストレートネック)顎が出たような姿勢になると、5〜6キロある頭の重さが2倍にも3倍にも増えます。それを首や肩で支えなければいけないことになるので、もちろん筋肉が緊張し、疲労を起こしてしまうのです。

 

(引用)
“頭の重さは5~6キロもあります。お店などで5キロ入りの米袋を持ってみると、かなりの重さだと実感できるでしょう。そんな重い頭を支えているが、首と肩です。”
引用元:肩こり…5つの原因と予防策-OMRON-

なお、姿勢が崩れる多くの原因は、

・デスクワーク中の不良姿勢やスマホの長時間使用
・下を向いての作業時間が長い
・前に屈む生活行動が多い

などが考えられます。日常生活の体の使い方の悪さが長く続いてしまうと、姿勢が崩れてしまいます。肩こりの治療で健スマ整骨院にご来院される方は、20代〜50代の女性でデスクワークや事務仕事をされている方が非常に多いです。

 肩こり解消のポイント

肩こり発生までの流れを知る

肩こりを解消するためには、なぜ今の状態になっているのかを知り、根本的な原因から改善することが重要です。肩こりが発生するまでの流れは下記の通りです。

肩こりは揉んでいるだけでは治りません

筋肉が緊張してきたり、血流が悪くなっているのはあくまで結果でしかありません。ですので、肩こりに対してマッサージを繰り返していたり、湿布を貼ったりしているだけでは、肩こりの症状はすぐに戻ります。肩こりの改善には、結果に至った過程を改善することが重要なポイントです。

対処療法一覧

野洲市・守山市を中心にご来院いただいている健スマ整骨院では、①〜⑤まで全てに対して的確に施術を行えるため、肩こりを改善に導くだけでなく、再発しづらい身体も作って行くことができます。その場だけではなく、しっかりと肩こりを改善したいという方は、是非、健スマ整骨院の整体をお試しください。

当院のスタッフは全員が健康管理のスペシャリストです

肩こりが引き起こすその他の症状

 すぐに受診すべき肩こりの関連症状

肩こりの関連症状① 「頭痛」

肩や首の筋肉が過度に緊張しすぎてしまうと、頭部の血流が悪くなったり、神経が刺激されてしまい頭痛が引き起こされるケースがあります。
主に肩甲挙筋、板状筋、後頭下筋群という筋肉が緊張することで、「後頭部」「側頭部」「前頭部」に鈍い痛みや針で刺されたような鋭い痛みが出てきます。
偏頭痛を含めた頭痛の約90%は筋肉が緊張することで発生してくるものです。頭痛持ちの方はこちらを参照>>

肩こりの関連症状② 五十肩・四十肩

慢性的に肩こりが強い方や、巻き方(肩が内に入ってしまうこと)が強い方は、四十肩・五十肩を発症してしまうケースもあります。
肩を動かすたびに痛みが出る、動きに制限がかかり耳まで腕をあげることができない、寝ている時に痛みを感じるなどの症状が現れます。四十肩・五十肩と診断された方はこちら>>

肩こりの関連症状③ 「頚椎症」

ストレートネック(首の骨がまっすぐになってしまう状態)や猫背が強い方は、筋肉だけでなく骨自体に問題が起こる頸椎症を発症してしまうケースもあります。
頸椎症を発症すると手や背中に痺れや冷感、感覚異常が出てきたり、後ろを振り向く動作や上を向く動作が困難となるなどの症状が現れます。

 当院ならではの肩こり施術

肩こり解消のポイントで記載させていただいた通り、筋肉が緊張したり、血流が悪くなっているのは結果でしかありません。結果に対していくら施術を行っても、根本的な改善は見込めません。健スマ整骨院では、肩こりの症状を根本から解消ができるように、当院独自のSPM整体で身体全体のバランスを整えていきます。

肩こり施術① 不良姿勢の改善

筋肉の負担を強める一番の要因は「姿勢」の悪さです。
ストレートネックや猫背などの不良姿勢に対して、ストレッチや姿勢矯正整体で、正しい姿勢へと導いていきます。
痛くない整体として、利用者様からご好評をいただいております。

肩こり施術② 柔軟性の獲得

姿勢が崩れることで、首や肩の筋肉が緊張してしまうことはもちろんですが、肩甲骨を含めた関節の動きや、身体の柔軟性が低下してしまいます。不良姿勢が定着してしまっているのは、身体の柔軟性が低下しているからです。柔軟性を獲得することで、正しい姿勢へと導きやすくなります。

肩こり施術③ EMSによる筋力強化

EMS施術風景姿勢が崩れてしまっている原因は、姿勢を支えるための”インナーマッスル”という姿勢を維持するための筋力低下が考えらます。姿勢整体を行うだけではなく、正しい姿勢がまた崩れないように、EMS機器を用いて「筋力」を鍛えていきます。
インナーマッスルは一度鍛えてしまえば、簡単に戻ってくることはありません。

 

 利用者様からの声

「凝っていた肩が嘘のように軽くなりました」

利用者様との写真

Q1. どのような症状でお悩みでしたか?
事務仕事をしていてる時に、同じ姿勢が続くと肩や首がつまり、仕事への集中力が散漫していました。肩こりが強い時は頭痛もあり、薬を飲んで対処していました。

Q2. 治療を受けた感想をお聞かせください。
整骨院が初めてだったので、どんなことをされるのか不安がありましたが、ストレッチや姿勢矯正を受けてみて嘘のように凝っていた肩が軽くなりました。今の私の状態もわかりやすく説明してくださったので、安心して治療を受けることができました。

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

「日常生活が楽になり助かりました」

利用者様との写真

Q1. どのような症状でお悩みでしたか?
首から肩にかけてのコリが酷く、特にしんどい時は顎にまで痛みを感じていました。日常生活の中で前かがみの姿勢で何かをしている時に特に痛みを感じ、調理中などの家事が特に辛かったです。

Q2. 治療を受けた感想をお聞かせください。
顎から首肩の痛みが回復してきて、日常生活が楽に過ごせるようになってきました。日常生活の中でできる心掛けやセルフケアの方法なども丁寧に教えていただけるので、自分でも時間を見つけて取り組んで行きたいと思います。

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

ご来院から施術までの流れ

当日はこのような流れで施術を行います初診時の流れ
詳細はこちらをクリック>>

スタッフ写真

 ご予約はこちらから

お電話、メール、LINEの3つの予約方法より、1つお選びください。

電話
WEB予約
LINE予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

症状別MENU

ブログ

  1. 2019.12.05

    腰痛でお悩みだった方の改善例

  2. 院長

    2019.12.04

    肩こり改善例

  3. 2019.09.29

    知らないうちの腰痛習慣から考える「腰痛対策」

  4. 2019.09.26

    患者様の質問から答える頭痛の対処方法Q &A

  5. 頭痛

    2019.09.26

    あなたの頭痛の原因は3種類のうちどれですか?