施術の2大コンセプト

当院の施術の2大コンセプト

SPM療法とは

痛みや不調を、その場しのぎではなく根本的に無くすために、当院が最も重要と位置付けているのが「SPM」の考え方です。
SPM療法は、

「S」=Strength:筋力  「P」=Posture:姿勢  「M」=Motion:可動性(動き)

の頭文字を取った治療法です。
痛みや不調には、この「S=筋力」「P=姿勢」「M=可動性(動き)」が深く関わっていると当院では考えます。
日常生活上の負担が徐々に体のバランスを崩し、姿勢が歪みます。すると人間の身体は100%の力を発揮できなくなって動きが悪くなり、筋力が低下します。また、特定の筋肉にばかり負担がかたより、次第に血行が悪くなって痛み・不調というサインが身体に現れます。

現在、世の中には整形外科・整骨院・整体院・鍼灸院・マッサージなど非常に多くの治療院が点在していますが、そのほとんどで行われている施術が、痛みの原因のごく一部分にフォーカスを当てています。「施術の直後は痛みがマシになったけど、数週間経つと戻ってしまう…」という経験をされている方も少なくないと思いますが、これは一時的に血流を改善するような、表面的な部分にしかアプローチされていないために起こるものと考えられます。

当院は「治療院に通わなくても不調の起こらないからだづくり」に貢献し、通院を卒業していただくことをゴールと考えています。
そのためにはこのSPMの理論が最も重要と捉え、一人ひとり痛みのメカニズムのどの部分を改善するべきかを的確に検査し、個人に合った施術を行っておりますので、根本的に痛みや不調を無くすことを希望されている方には、当院の施術が合っていると言えます。

当院のオーダーメイド治療に対する考え方

オーダーメイドな施術を掲げる治療院は数多く存在しますが、実際に受診してみると、周りの方と全く同じ治療を行っていたり、何回通っても初診時と変わらない治療を行っていたりする治療院が大半を占めています。
治療院目線で考えると、複数の施術スタッフに全く同じ施術をさせるやり方のほうが、施術を完全にマニュアル化できるため、運営しやすいのですが、それでは患者様のお悩みを取り除くことはなかなかできないと当院は考えています。

というのも、痛みや不調の原因は、当然患者様によって違いますし、一人の患者様にフォーカスを当てても、治療の進行過程や日常生活の負担によって日々身体の状態が変化します。
つまり本来治療というのは、その個人のそのタイミングに合った方法が選択されなければいけないのです。
治療院ごとに統一しなければいけないのは「治療に対する考え方」や「スタッフの技術力」であって、「治療の方法」は本来統一されるべきではないというのが当院の考え方です。

当院では技術トレーニングはもちろん、治療に対する考え方を毎日入念にスタッフ間で共有したり議論したりする場を設けておりますので、質の高いオーダーメイド治療を提供させていただけるよう、日々努力しております。

症状別MENU

ブログ

  1. 2019.12.05

    腰痛でお悩みだった方の改善例

  2. 院長

    2019.12.04

    肩こり改善例

  3. 2019.09.29

    知らないうちの腰痛習慣から考える「腰痛対策」

  4. 2019.09.26

    患者様の質問から答える頭痛の対処方法Q &A

  5. 頭痛

    2019.09.26

    あなたの頭痛の原因は3種類のうちどれですか?