脊柱管狭窄症の治療が得意な整骨院

 脊柱管狭窄症の具体的な症状

野洲市、守山市を中心に健スマ整骨院へ脊柱管狭窄症で来院される患者様の具体的な症状をご紹介します。

◆ 腰や臀部に痛みが強く出てくる
◆ 臀部から下肢にかけて鈍痛やシビレがある
◆ しばらく歩くと歩行困難となるが、少し安静にするとまた歩くことができる
かがみになるのは楽だが、身体を後ろに反ると痛みが強くなる
◆ 医者より痛み止めや湿布を処方されたが、一向に良くならない
◆ 手術をすることも検討しているが、極力保存的に改善したい
◆ 以前のように歩きたい。お出かけや長距離の歩行ができるようになりたい

整形外科で「年齢のせい」「手術をしないと治らない」と言われ、症状改善を諦める前に、まず一度当院へご相談ください。
当院スタッフは、手術に頼らない施術で元気に治療を卒業される患者様をたくさん送り出した経験を持っています。

 脊柱管狭窄症ついて

 脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨内部の神経や脊髄の通り道である脊柱管が狭くなってしまう病態をいいます。
脊柱管が狭くなり内部の神経や脊髄が圧迫されることにより、腰の痛みや、お尻から足先までの全部分または一部分の痺れが出てきたり、少し歩くと腰が痛み出すが、前にかがんで少し休むと楽になるという症状(間欠性跛行)が現れます。中には、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアを合併してしまうケースもあります。

 脊柱管狭窄症の根本的な原因

整形外科などの医療機関では脊柱管狭窄症の主な原因は、加齢による椎間板の変性によって起こるものだと診断されるケースがほとんどです。
たしかに加齢に伴い体の水分量が低下し、椎間板が薄くなってしまうことで脊柱管が狭くなりますが、原因はそれだけではありません。

脊柱管狭窄症を発症する主な根本原因として、筋肉の緊張と、姿勢の悪さ(骨の歪み)の2点が挙げられます。

根本原因① 「筋肉の緊張」

腰周りの筋肉が緊張を起こしてしまうことにより、腰の神経が刺激され、神経の働きが阻害されているケースが多く見受けられます。
主に腰と股関節を動かしている筋肉が緊張していることが多いですが、脊柱管狭窄症を発症する方のほとんどが、股関節の動きの悪さにより腰部の負担が強まってしまっています。

根本原因② 「姿勢の悪さ」

筋肉の緊張を引き起こしているのは、猫背や骨盤後傾位といった姿勢の悪さです。
本来の背骨というのは、横から見たときに滑らかなS字の弯曲を描いています。この弯曲があるからこそ、負担を分散し、身体を支えることができるようになっているのですが、猫背や骨盤が倒れた姿勢になると、骨で身体を支えることが困難となり、結果として筋肉への負担が増えてしまいます。

 狭窄症とヘルニアの合併

脊柱管狭窄症は、椎間板の変性によるものでありますが、椎間板が圧迫されすぎてしまうことで、椎間板ヘルニアを併発してしまうケースがあります。
これらの併発が起こると下肢への神経症状が強まり、腰を前に倒しても後ろに反っても痛い状態になります。

また、健スマ整骨院にご来院される方の中で、若いころに椎間板ヘルニアを患っている方は、脊柱管狭窄症になりやすいという統計もあります。

 当院の脊柱管狭窄症に対する治療

 治療において重要なこと

脊柱管狭窄症の治療で重要なことは、腰周辺の筋肉の緊張を改善していくことと、姿勢を改善していくことの2つです。
これらを改善していくことができれば、少なくとも今感じてらっしゃる痛みを半減させることが健スマ整骨院での施術は可能なことが多いです。

また神経症状が出始めてから、時間が経過しすぎてしまうと、神経自体が癒着したり、伸ばされてしまい改善速度が低下しますので、なるべく早い受診が必要です。特に2ヶ月以上神経症でお困りでいらっしゃる方は、今すぐにご相談ください。

 健スマ整骨院での治療内容

当院では脊柱管狭窄症の根本原因や症状に合わせたオーダーメイドな治療を行っております。
その一例をご紹介します。

脊柱管狭窄症の施術① 筋肉の緊張緩和

脊柱管狭窄症の症状は筋肉の緊張によって、痛みやしびれを引き起こしているケースが多くありますので、オーダーメイドの手技によって、筋肉の緊張緩和と動きの改善を行います。
また、電気治療で深部の筋肉に対しての治療を行ったり、トルマリン温熱療法にて血流の改善を行っていきます。

脊柱管狭窄症の施術② 姿勢の改善

筋肉が緊張してしまう原因の一つとして、姿勢が悪くなってしまっていることが挙げられます。また、姿勢の悪さにより、直接的に脊柱管が狭窄してしまっているケースがありますので、脊椎矯正や姿勢ストレッチ整体にて、猫背や骨盤の傾きを正常化していき、筋肉や椎間板にかかる圧力を減らしていきます。

 自宅でできるセルフケア

 痛みや痺れが出ている場合に行う「足上げ休憩」

神経の圧迫を取ることを目的とした簡単な体操です。
手順は以下の通りです。

<「足上げ休憩」の手順>
①仰向けになって、両足のふくらはぎを椅子の上に乗せます。(膝の角度:90度)
②足首を時々動かしながら30分程キープしてください。1日2回行えるとベストです。

 膝抱えストレッチ

<「膝抱えストレッチ」の手順>
息を吐きながら両膝を5〜10秒抱える。(これだけです!)
※「足上げ休憩」を行いながら、5分に1回程度行う

 当院が選ばれる7つの理由

滋賀県野洲市・守山市を中心に、多数の患者様にお越しいただいている健スマ整骨院が選ばれている理由をご紹介します。

理由① オーダーメイド施術

一人一人痛みの原因が違うからこそ、施術内容も一人一人異なります。「いつも同じ施術」「誰でも同じ」ではなく、個別のオーダーメイドプログラムだからこそ、症状を根本的に改善することができます。

理由② 臨床経験27000人以上

これまでも多くの症状や疾患の方をサポートさせていただいてきたからこそ、施術のバリエーションやアドバイスが豊富で、確かな対応力を備えているからこそ、高い支持をいただいております。

理由③ 国家資格者による施術

3年以上の勉学に励み、国家試験に合格した資格者のみが施術を担当するので、知識も豊富で安心して任せていただくことができます。

理由④ 予約優先制で待ち時間が少ない

長く待たされ、予定が立てられない、ストレスが溜まるなんてことはありません。頂いている時間を決して無駄にすることはありません。

理由⑤ 無料のトレーニング器具が充実

ルームランナーやストレッチスペースを設置していますが、いつでも自由にお使いいただけます。自ら健康増進をされる方を応援しているからこそ、無料でお使いいただいております。

理由⑥ ママ安心のキッズスペース完備

まだ小さな子供がいるので行きづらい・・・大丈夫です!キッズスペース完備、子供好きなスタッフがあやしてくれるので、安心して施術を受けていただくことができます。

理由⑦ 徹底された情報共有

院長を始め、毎日、利用者様の状態管理をスタッフ全員で行なっている為、改善に最適な方法や道筋を共有し、より質の高い施術を提供し続けることができます。

 ご来院から施術までの流れ

STEP.1 ご予約・ご来院

お電話、LINE、メールフォームのいずれかの方法でご予約いただけます。
予約優先制のため、事前にご予約いただけると、待ち時間なくスムーズにご案内させていただけます。

STEP.2 問診票の記入

ご来院されたら待合室でお待ちください。すぐにスタッフがご案内をさせて頂きます。
まずはじめに、待合室で問診票をご記入いただきます。わからない項目や、文章で説明しにくい部分は後ほど施術者よりお尋ねしますので、空欄で結構です。

STEP.3 問診

どのようなことでお悩みでいらっしゃるのか、利用者様と同じ立場に立ってお伺いいたします。

STEP.4 検査

姿勢、動き、筋力に対しての検査を行い、痛みの根本原因を細かく調べていきます。

STEP.5 状態説明

正常と比較した今の状態、そして痛みの根本的な原因をお伝えした上で、何をすれば良くなるのかをわかりやすくお伝えします。

STEP.6 オーダーメイド施術

検査結果をもとに、個々に合った施術をオーダーメイドで行います。
痛みの改善はもちろん、症状の根本原因に対しても施術を行っていきます。

STEP.7 カウンセリング

施術が終われば、ご自宅でできるセルフケアの方法、2回目以降の料金説明を行い、次回の予約をお取りいただき、終了となります。

 ご予約はこちらから

ご予約は、電話予約、LINEからの予約、メールからの予約の中から、1つお選びください。

LINE予約
電話
WEB予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

症状別MENU

ブログ

  1. 2019.12.05

    腰痛でお悩みだった方の改善例

  2. 院長

    2019.12.04

    肩こり改善例

  3. 2019.09.29

    知らないうちの腰痛習慣から考える「腰痛対策」

  4. 2019.09.26

    患者様の質問から答える頭痛の対処方法Q &A

  5. 頭痛

    2019.09.26

    あなたの頭痛の原因は3種類のうちどれですか?