腰部椎間板ヘルニア

野洲市・守山市で椎間板ヘルニアの治療実績多数の整骨院

 椎間板ヘルニアの症状

滋賀県野洲市、守山市を中心に健スマ整骨院に椎間板ヘルニアと診断され、来院される利用者様の具体的な症状をご紹介します。

◆ 腰や臀部に痛みやシビレがある
◆ 太ももの外側やふくらはぎ、足首にかけてシビレがある
◆ 足に力が入りにくくなることがある
◆ 身体を前か後ろに動かすと痛みが強くなる
◆ 朝に症状が強く、日中になると少し楽になる
◆ 定期的に繰り返すぎっくり腰だと思ったが、痛みが一向に引かない
◆ 病院でヘルニアと診断を受け、手術を勧められた

健スマー独自のSPM
「手術でしか治せない」と診断された方や、「安静にしておけば治ってくる」と言われた方でも当院の施術を受けると、嘘のように早期に解消した方が多数いらっしゃいます。椎間板ヘルニアを引き起こしている根本的な原因を改善すれば、手術を受けなくても早期改善が可能です。

 椎間板ヘルニアの原因

 「椎間板ヘルニア=腰の痛み」ではない?椎間板にかかる圧力

椎間板にかかる負担の大きさは、まっすぐ立っている状態が「100」だとすると座っている体勢で1.4倍、荷物を持ち上げる動作で約2.2倍となります。
ですので、日常生活の中で前に屈む動作が多い方や、荷物の持ち運びが多い方、デスクワークを長時間されている方に椎間板ヘルニアは発症しやすい傾向があります。

椎間板ヘルニアは一般的に、背骨の間にある「椎間板」という組織の中の「髄核」が飛び出してしまった状態をヘルニアと説明されます。しかしながら、近年は、ヘルニアそのものが腰痛と無関係であるということがわかってきました。

(引用)
腰が痛くないボランティアを集め、MRI検査をした。すると……なんと76%の人に「椎間板ヘルニア」が見つかった! 「腰が痛くない人」の76%。
今や「椎間板ヘルニアが腰痛の原因」とされるのは、全体の3%程度にしかすぎないということがわかっている。
引用元:ーほとんどの椎間板ヘルニアは腰痛と無関係 PRESIDENTー

ここで重要なのは、「椎間板ヘルニア=腰痛」と思われがちですが、実はヘルニアそのものが原因で腰痛や痺れが発生しているケースは、腰痛全体の3%程度だと言われています。つまり、椎間板ヘルニアそのものが腰痛を発生させている可能性はとても低いのです。このことからヘルニアの症状を改善するために、手術が適用となるのは100人中3人ということになります。

尚、手術が適応となる症状として、

☑︎両側の脚先まで痺れが出てきている
☑︎尿や便の出が以前よりも悪くなった
☑︎ベッドから痛みで動くことができず、日中でも動くことすらできない

上記の中で1つでも当てはまるようであれば、手術を検討した方が良い状態です。

保存的な治療で改善見込みが高い症状は、

☑︎朝起きた時は症状が強いが、日中動いているとまだラクになる
☑︎座っている時間が長かったり、前に屈むのが辛いが、動くことはできる
☑︎シビレは片方の臀部や脚にのみ出ている

このような方は是非、一度当院にご相談ください

 腰の痛みの主な原因

「腰痛」のページで詳しく解説していますが、腰の痛みやシビレは「筋肉の緊張」から起きているケースがほとんどです。
筋肉に負担をかけ続けている根本的な原因を改善することができれば、椎間板ヘルニアと診断をされたからといって恐れる必要はないのです。その根本的な原因は人それぞれ違いますが、多くは体の「動作の問題」と「骨盤の傾き」によって起こっているものばかりです。
椎間板ヘルニアは再発してしまう可能性がある病態です。手術をしたけれども再発してしまったという話も良く耳にします。
ですので、根本的な原因から改善し、再発しないように治療を行っていくということを強くお勧め致します。

 椎間板ヘルニアに対する治療

原因を特定 ハイボルト検査

病院での画像検査ではわからない本当の痛みの原因を、機器を用いて精密に検査を行います。こちらのハイボルト検査で保存療法でどれくらい症状の改善見込みがあるのかを調べていくことができます。

当院のヘルニア施術① 筋膜の調整

施術風景腰をマッサージしたりするだけでなく、腰とつながっている箇所も含め、全体的に筋肉の調整を行うことで、腰にかかる負担を減らし、痛みを軽減させます。特にヘルニアと診断された方は、「お腹の筋肉」や「お尻の筋肉」が腰痛を引き起こしていることが多いです。

当院のヘルニア施術② 姿勢を整える

椎間板ヘルニアを引き起こす姿勢で最も多いものが、「骨盤後傾」→「猫背」の状態です。
身体が丸まってしまうことによって椎間板や筋肉にかかる負担は倍増してしまいますので、骨格矯正を行い、姿勢を整えていきます。

当院のヘルニア施術③ 筋力の改善

楽トレインナーマッスル(体幹の姿勢を保つ筋肉)が弱ってしまうことで骨盤が歪み、腰にかかる負担が増やしてしまっているケースが多いので、特殊なEMS機器でトレーニングを行っていきます。(電気の力に任せ寝たまま行うトレーニングです。自ら動いたり力を入れる必要はありません。)

 

 

ヘルニア治療ポイント

 ご自宅でできるセルフケア

※痛みが強い時期は頑張って運動をすると痛みが増す可能性が高まります。コルセットをつけたり、安静にするようにして下さい。

やってはいけない 体を起こす腹筋運動

いわゆる上体起こし(クランチ)のことです。
これは身体を丸めて行う腹筋トレーニングですが、椎間板にかかる負担は「前に屈むこと」によって倍増します。頑張れば頑張るほど痛みを強めることになるので、おやめください。

日常的に心掛けること 膝を曲げる動作

腹筋運動(クランチ)と同様、身体が丸まったり前に屈む動作は椎間板にかかる圧力を増やしてしまいます。
そこで、下にあるものを取ろうとする動作や顔を洗う動作など、普段ついつい腰を屈めがちな動作では、「膝」をうまく使い、出来る限り腰が丸まったり前に屈んだりしないように工夫をしましょう。

 当院が選ばれる7つの理由

健スマ整骨院の7つの特徴

詳しくはこちら>>>

 ご来院から施術までの流れ

当日はこのような流れで施術を行います

初診時の流れ

詳しくはこちら>>>

 ご予約はこちらから

以下3つの予約方法より、1つお選びください。

電話
WEB予約
LINE予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

症状別MENU

ブログ

  1. 2020.03.23

    朝食抜きの1日2食で体脂肪を燃やす

  2. 2020.03.17

    果物は太りやすいって本当!?

  3. 2020.03.09

    1日3食は胃腸を疲れさせ、不調を招く!?

  4. 2020.03.03

    脂肪を燃焼する為に運動は必要不可欠です!

  5. 2020.02.26

    悪い姿勢は子供のうちに矯正する方が良い!