鵞足炎

鵞足炎(膝の内側)でこんな症状でお困りはありませんか?

☑️ 走ると膝の内側に痛みを感じる
☑️ 屈伸運動をすると膝の内側が痛む
☑️ 階段の上り下りが辛い
☑️ 正座をすることができなくなった
☑️ 押すと痛む箇所がある
☑️ スポーツをした後に特に痛みが強くなる

レントゲンに写らない痛みを根本改善

健スマ整骨院では、鵞足炎の施術を専門的に行っております。膝の痛みでレントゲンを撮ったけど異常がないと判断されたケースでは、この鵞足炎である可能性が高いです。適切な施術を行い、早期改善をご希望の方は、ぜひ健スマ整骨院にお任せください!

 鵞足炎について

 鵞足炎は、スポーツを行っている人に多く見られる膝の慢性的な炎症症状です。主にジョギング、ランニング、ジャンプの繰り返しや、サッカーのキックなど、膝の曲げ伸ばしや膝の内側に負担がかかる動きが多くなることで発症します。また、膝が内側に入るニーインと呼ばれる姿勢になることでストレスが増強し、痛みが強くなります。

同じような箇所が痛み、レントゲンやMRI検査にて、骨や靭帯、半月板に異常が見つからなかったケースのほとんどはこの鵞足炎に該当します。

 鵞足炎の本当の原因

一般的に鵞足炎の原因は「膝の内側の筋肉」が緊張することにより、発生すると言われていますが、実は膝の内側の筋肉は最終的に負担がかかってしまっただけで、根本的な原因ではありません。

☑︎主に太ももの「ストレッチ」を頑張って行っている

☑︎痛みのあるところに対して電気を当てたり、マッサージをしている

☑︎膝に対してアイシングを毎日行っている

☑︎安静にしていないと治らないと言われたので、スポーツを休止している

健スマ整骨院では、鵞足炎の本当の原因に対して、施術を集中して行うので、スポーツ現場への早期復帰、早期改善を図ることができます。

鵞足炎のほとんどの原因は、、、「動作の問題」です。

身体の動作というのは「協働運動」と言って、様々な筋肉や関節と協力をして、ジョギングをしたり、ジャンプをしたり、ボールを蹴ったりしています。鵞足炎の一つの原因である「膝の内側」が悪くなってしまっているのは、それ以外の部分が本来動かさないといけないのに、動いてくれていないから結果的に膝の内側に負担がかかっているだけなのです。

ですので、いくら痛みのある箇所だけ治療を繰り返していても、その時は症状が落ち着いても必ず元に戻ってくるのです。

 当院ならではの鵞足炎治療法

鵞足炎は、放っておくとどんどん症状が悪化していきます。痛みなく、スポーツに打ち込んだり、日常生活を送れるようにするためには、早期治療が重要です。野洲市にある健スマ整骨院では、痛みを早期に改善することと根本的な原因から改善が図れるよう施術を行っております。

鵞足炎治療① 筋膜調整

施術風景鵞足炎の原因である膝の内側の筋肉はもちろんですが、膝にかかる負担を増やしている根本的な原因となる筋肉の調整を行い、動作の改善を行います。

 

 

鵞足炎治療② 炎症を抑える

鵞足炎によって生じた炎症反応を、高電圧のハイボルト機器を使用し、早期回復を図ります。損傷組織の修復速度を向上させることができます。

 

 

 

 

初診料金案内

 ご予約はこちらから

鵞足炎の専門治療をご希望の方は、お電話、LINE、メールの予約方法より、1つお選びください。

電話
WEB予約
LINE予約

当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

症状別MENU

ブログ

  1. 2019.12.05

    腰痛でお悩みだった方の改善例

  2. 院長

    2019.12.04

    肩こり改善例

  3. 2019.09.29

    知らないうちの腰痛習慣から考える「腰痛対策」

  4. 2019.09.26

    患者様の質問から答える頭痛の対処方法Q &A

  5. 頭痛

    2019.09.26

    あなたの頭痛の原因は3種類のうちどれですか?