ぎっくり腰

野洲市でぎっくり腰の施術が得意な整骨院

 ぎっくり腰でお困りの方

こんな症状の方はおられませんか

☑️ 突然、腰に急激な痛みが走り、身体を動かすことが困難
☑️ まともに歩くことができない
☑️ 靴下を履いたり、中腰の姿勢をとることができない
☑️ 数日安静にしていても痛みが引かない
☑️ 腰の痛みだけではなく、お尻や足にも痛みが出てきた
☑️ 過去に2回以上、ぎっくり腰を繰り返している

ぎっくり腰は強い痛みを伴い、まともに日常生活を過ごすことが困難になってしまいます。1日でも早く痛みを取りたい、同じ痛みを繰り返したくないという方は、ぎっくり腰整体が得意な健スマ整骨院にご相談ください!

 ぎっくり腰を起こす原因

ぎっくり腰の痛みの原因は、日常生活上の負担や、ふとした動作により、腰を支える筋肉や靭帯、関節や椎間板といった組織に負担がかかり、神経を刺激してしまうことによって発生します。ぎっくり腰は「魔女の一撃」と呼ばれるほど、突然起こってしまったように思えますが、実は、ぎっくり腰を起こす前から、日常生活の軽微な負担が積み重なった結果起こっているものであり、本当に一撃で起こっているわけではありません。強い腰痛を感じているのは、氷山の一角にしか過ぎません。ぎっくり腰を引き起こすまでのメカニズムと原因が必ずあるのです。

ぎっくり腰の根本的な原因

ぎっくり腰の原因は、「軽微な負荷やストレスの積み重ね」で腰に負担がかかりすぎてしまっている場合がほとんどですが、ぎっくり腰の根本的な原因は、「腰にはない」ことがほとんどです。腰以外の箇所が、結果として腰にかかるストレスを増やし、強い痛みを引き起こしているケースがほとんどなのです。逆を言うと、ぎっくり腰を発症した根本的な原因を改善しないまま、日常生活を過ごしていると、またぎっくり腰を繰り返すリスクを残したまま生活することになります。1度ぎっくり腰になってしまった方の半数以上の方は、2回以上同じ痛みを繰り返されています。健スマ整骨院・整体にお越しになられる方のほとんども過去に何度かぎっくり腰を起こした経験がある方がほとんどです。

 ぎっくり腰治療におけるポイント

健スマ整骨院でのぎっくり腰の治療は、まずはどこから痛みが出ているのかを検査を行い、痛みを最速で改善できるように治療を行っていきます。しかし、ぎっくり腰の治療では、痛みが取れた=治ったわけではありません。1週間ほど安静にしていると痛みが緩和してくるケースもありますが、そのまま放っておくと再発してしまうリスクを抱えて過ごすことになります。毎年一回、ぎっくり腰を起こす方や、冬になると必ずぎっくり腰を起こす方などはぎっくり腰を起こしている根本的な原因が改善されていないからです。

腰に負担がかかりやすくなっている根本的な原因を突き詰めていき、早期改善・再発予防を行います。根本的な原因は人それぞれ違いますが、主に、筋肉、動作・姿勢の改善、身体を支える筋力の3つに対して健スマ整骨院ではぎっくり腰の治療を行っていきます。

ぎっくり腰治療① 痛みを改善

「ハイボルト」という高電圧の電気機器を使用し、強い痛みを抑えていきます。ぎっくり腰の強い痛みで、まともに歩けなかったり、身体を動かすことが困難だった方のほとんどが痛みの軽減を体感していただける施術になります。

ぎっくり腰治療② 動作・姿勢改善

検査風景3腰にストレスを増やしている一番の要因は「柔軟性が低い」「姿勢」の悪さであると考えます。
身体は様々な箇所と協力しながら支えているからこそ、「腰以外の箇所」が悪くなることで腰にかかる負担が増えてしまい、ぎっくり腰を引き起こしているのです。
健スマ整骨院では、「柔軟性」「姿勢」に対する独自の施術を行いぎっくり腰の症状を根本から改善を目指します。

ぎっくり腰治療③ EMSによる筋力強化

良い姿勢を維持したり、負担のかかりづらい腰を作っていくためには最低限の「筋力」が重要です。
治療で正しい姿勢に戻しても、それを維持できなけば意味がありません。
健スマ整骨院では、特殊なEMS機器を使用し、姿勢を支えるためのインナーマッスルを強化していきます。インナーマッスルは、一度鍛えるとすぐに衰えることはありません。

 

初診料金案内

 ぎっくり腰の応急処置

応急処置①:コルセットの着用

コルセット画像ぎっくり腰の痛みが強く、動くのもままならない場合は、コルセットを着用するのが効果的です。コルセットは、腰の動きをサポートしたり、支えることだけではなく、適度な圧迫が加わるので、腫れや炎症を抑える効果があります。ただし、痛みが治まってきたのにも関わらず、コルセットを常に着用してしまうと本来持っている筋力が衰えてしまいますので、予防の意味で使用するのはオススメはしません。

応急処置②:患部を冷やす

冷やすことでぎっくり腰の痛みを軽減することができ、腫れや炎症を抑えることができます。1日3回、1回15分程度コールドパックや氷などでアイシングを行うようにして下さい。

痛みが落ち着いてきたら…

2〜3日経過して強い痛みが落ち着いてきたら、少しずつ痛める前と同じように身体を動かすようにしましょう。以前までぎっくり腰を引き起こした場合、完全に無くなるまでは安静にしておくと良いとされていましたが、近年は、むしろ早めに身体を動かし始めたほうが回復速度が早まることがわかってきています。少々痛みがあっても、少しずつ無理のないように動かすようにして行きましょう。

 ご予約はこちらから

ぎっくり腰の専門治療をご希望の方は、お電話、LINE、メールの予約方法より、1つお選びください。

電話
WEB予約
LINE予約

 当院へのアクセス

当院は、スーパー西友さんでお馴染みの「アクロスプラザ野洲」内に、テナントとして入っている整骨院です。

 アクセスマップ

 

 交通機関でお越しの場合

JR:野洲駅北口より徒歩7分
バス:付近にバス停が無いため、野洲駅からの徒歩が困難な方は、タクシーでお越しください。初乗り料金でお越しいただける距離です。
タクシー:野洲駅北口のタクシー乗り場からご乗車ください。

 お車でお越しの場合

当院は「アクロスプラザ野洲」の中にあるため、店舗の目の前に大きな駐車場がございます。
広々とした駐車場ですので、駐車しやすく安心です。
道がわからない時は、お気軽にお電話ください。丁寧にご対応させていただきます。

 

 

ブログ

  1. 2020.05.18

    早起きと朝日で免疫力を高める

  2. 2020.05.14

    自分でできる腸腰筋のリリース方法

  3. 2020.05.11

    腹筋を割るための9種のトレーニング