産後の骨盤整体ってどんなことをするの?

産後の骨盤整体

スタッフプロフィールはこちら>>

滋賀県野洲市にあります、健スマ整骨院の施術師の山本です。

当院には、多くの産後の骨盤矯正をご希望でご来院される方がいらっしゃいますが、骨盤整体、矯正というとバキッ、ポキッと音を鳴らしてやるイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?

この記事では、産後の骨盤整体はどのようなことを行うのかをまとめていきたいと思います。

ー目次ー
(1)産後に起きる体の変化
(2)骨盤矯正ってどんな施術をするの?
(3)骨盤矯正でよくある質問
(4)まとめ

産後に起きる身体の変化

妊娠中は、胎児をお腹で守りながら育てている状況ですが、イメージでいうと約10㎏の米袋をぶら下げているのと同じ状態です。

身体の前で10kgの重りを抱えていると考えると、自然と身体はバランスを取るように、背中の筋肉で後ろへバランスを取ろうとします。そうすることで、背中が常に緊張状態となり、腰痛や肩の痛みに悩まされやすくなります。背骨のカーブも変形し、身体が反りすぎていわゆる”反り腰”の状態となり、結果として、冷えやむくみ、痩せにくい、太りやすいといった体の不調が出てきます。

(1)基礎代謝の低下

基礎代謝とは、人が起きている間に生命活動を維持するのに体で自動的に行われている活動における必要最低限のエネルギーのことです。

主に肝臓と筋肉と脳でエネルギーを使います。

骨盤が歪むと骨盤周りの筋肉を上手に使えないようになるので基礎代謝が落ちます。

基礎代謝が落ちると痩せにくくなります。人は痩せるためには常にお金で言う借金状態にしないといけません。

摂取カロリーより消費カロリーが多くする必要があります。基礎代謝が高いと起きてるだけで消費するエネルギー量が増えるのでより痩せやすい状態になります。

(2)腰痛や肩こりなどの不調

骨盤は上半身と下半身を繋いでいます。

骨盤は背骨を支えている土台となる部分です。土台のバランスが崩れると体全身のバランスが悪くなってしまいます。

骨盤のバランスが悪くなると猫背や反り腰になります。また、妊娠中お腹の中に赤ちゃんが入っているので腰を反ってバランスを取ります。その姿勢が出産後も定着して反り腰になります。

このように骨盤という土台のバランスが悪くなることで、腰や肩などのあらゆる箇所への負担が増え、痛みなどの不調に悩まされることとになります。

また、女性は妊娠するとリラキシンというホルモンの分泌量が増えます。

この、リラキシンというホルモンは、関節や靭帯を緩くする働きがあります。赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように靭帯を緩めて骨盤を開く作用があります。

出産後も授乳期間中は、リラキシンが常時分泌されている状態となりますので、体中の靭帯が緩くなりすぎ筋肉に通常以上の負担がかかります。そうすることで、腰痛や肩の痛みが起こりやすくなるのです。

(3)筋力低下

妊娠中のお母さんの身体は、もし転んだり、ぶつけたりした時にでも赤ちゃんを守ることができる状態でないといけないので、お腹を柔らかくしてクッション機能を高める働きが促進されます。お腹を柔らかくするために、妊娠中のお腹は、筋肉の代わりに脂肪細胞に自然と置き換わるようにできています。

また、腹圧を高めないようにお尻の筋肉も筋力低下していきます。

筋肉というのは骨と骨とを繋いで引っ付いています。骨盤にもたくさんの筋肉がついています。

この骨盤についている筋肉が弱くなることで、土台である骨盤がグラグラ状態になってしまいます。骨盤を安定させるためには筋肉を鍛えて骨盤を締める必要があります。

主に低下する筋肉はインナーマッスルという筋肉です。インナーマッスルの働きは姿勢を保つ事です。

この筋肉が低下することによって姿勢が保てなくなり姿勢が悪くなります。そうすることで内臓や腸を圧迫してしまい便秘にもなります。

(4)冷えやむくみ

骨盤の歪みは血行やリンパの流れにまで影響します。

血行が悪いというのは、道路でくるまが渋滞しているイメージです。こうなると血管の中がパンパンになり、血管の外へ水分が逃げだそうとします。これが「むくみ」になるわけです。

またうまく体温が全身に伝わらず、冷え症にもなります。

骨盤矯正ってどんな施術をするの?

上記の産後に起きる変化を踏まえた上で、大きく分けて骨盤の歪みを整えることと、落ちてしまった筋力をもとに戻していくことを健スマ整骨院では行っております。そうすることで上記のような不調を改善することができます。

当院での骨盤矯正施術① 骨盤の歪みを整える

出産に伴い、生じた骨盤の開きや歪みを骨盤ストレッチを通して整えていきます。痛くない、ソフトな整体になりますので、安心して受けていただけます。ポキポキする矯正法ではありません。

 

当院の骨盤矯正施術② バランス整体

多くの出産後の身体は「反り腰」となってしまい、身体全体のバランスが崩れてしまっているので、筋肉調整を通し、本来の身体のバランスへ戻していきます。

 

当院の骨盤矯正施術③ 筋力の強化

楽トレ
お腹の赤ちゃんを守るために脂肪がつきやすくなり、結果として筋力が低下してしまっています。EMS機器を用いて、特にインナーマッスルを鍛え、骨盤の安定化を図ります。(電気の力に任せ寝たまま行うトレーニングです)10分間寝ているだけで、約2500回の筋収縮を起こすことができます。

 

よくあるご質問

Q.産後どのくらいから骨盤整体を受けることができますか?

A.当院では、産後1ヶ月から診させて頂いてます!帝王切開の方はお腹の傷が治っていればしっかりと診させていただきます。ご心配な方は、産婦人科医にご相談してみてください。

Q.出産してからいつくらいまでに骨盤整体を行うのがベストですか?

A.出産後から半年以内だとリラキシンというホルモンの分泌の関係で全身の靭帯が緩くなっているので、骨盤の調整をすると元に戻りやすいです!ですので、出産後半年以内での骨盤整体を受けていただくのがベストです。

Q.骨盤矯正はどれくらいの期間が必要ですか?

A.骨盤の歪みだけであれば個人差はありますが、およそ3ヵ月です。身体の細胞が周期がおよそ3ヶ月ですので、それくらいの期間をかけながらしっかりと正して行くことが必要です。

Q.骨盤矯正は痛くない?

A.全く痛くないです!ポキポキと力任せの施術を行う整体もあるようですが、当院ではストレッチやソフトな筋肉調整を行って整体をしますので、安心して受けていただくことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?出産後の骨盤矯正を行っておくと、子供が大きくなり、お母さんの負担が大きくなってきたときでも、身体の不調に困らせられることが少なくなります。また体型的なお悩みの改善にも効果的です。

ぜひ産後の骨盤整体をご希望の方は、健スマ整骨院にご相談ください!

健スマ整骨院公式ホームページはこちら>>

関連記事

  1. 背骨の歪みが及ぼす影響とは!?

  2. 骨盤

    骨盤の歪みをセルフで改善する方法