コロナ対策その①ー睡眠時間について

記事担当ー大西

スタッフプロフィールはこちら>>>

皆さん、こんにちは!健スマ整骨院 大西です。

コロナウィルスに負けない体作りのためには、「免疫力」を高めておくことが今後非常に重要になると思っています。その免疫力を高めるための1つの方法として大切なのが、「睡眠」です。

この記事では、最も望ましい「睡眠時間」について記載したいと思います。

ー目次ー
(1)睡眠は何のために取るの?
(2)日本人平均睡眠時間
(3)1日8時間睡眠が正しい!?
(4)適度な睡眠が免疫力を上げる
(5)まとめ

睡眠は何のために取るの?

普段、何気なく睡眠を取っていますが、人がなぜ毎日睡眠を取っているのかご存知でしょうか?
睡眠を取る目的は、大きく分けて4つあります。

1、身体の疲労回復
睡眠中は脳内から「成長ホルモン」が分泌されます。この成長ホルモンは一般的に、”身体を成長させる”ためのホルモンであると認識されていますが、実は”疲労を回復する”ホルモンでもあるのです。睡眠を通して、成長ホルモンの分泌を促し、身体に溜まった疲労を回復しているのです。

2、重力からの解放
日中活動的に動いている時は、常に「重力」の影響を受け、押しつぶされる圧力が人の体には加わり続けています。横になり、睡眠を取ることで重力から解放され、身体にかかる負担を減らしています。

3、情報の整理
「勉強した内容は睡眠を取らないと頭に入らない」と良く言われますが、寝ている間に1日にあった出来事や情報を脳内で整理してくれています。この情報処理が行われているからこそ、物忘れが起こらなかったり、新しく入った情報を整理することができているのです。

4、歪みの改善
就寝中に”寝返り”を打つことで、日中かかった負担を補正し、歪みを整える効果も睡眠にはあります。

日本人の平均睡眠時間

人間の三大欲求とも呼ばれる、食欲、性欲、そして睡眠欲。この中で日本人が最も不足していると回答をした欲求はどれでしょう?

答えは「睡眠」です。

ではどうして日本人はこんなにも睡眠欲を欲しているのでしょうか?
日本人の平均睡眠時間は6.5時間と言われています。これは世界の他の国と比較してみても大変少ない傾向にあります。
あるデータでは、日本人の睡眠時間は男性は世界で3番目に、女性は世界で1番睡眠時間が短いことが分かりました。(OECD経済協力開発機構調べ)
ちなみに中国では9時間、アメリカやスペインやフランスでは8.5時間、その他の先進国でも8時間を下回る国はほとんどありませんでした。
世界の平均睡眠時間は7.5時間のことを踏まえると、日本人は1時間も短い睡眠時間しか確保できていないのです。さらに、睡眠不足と感じる方を対象に、どのくらいの睡眠時間を取れれば満足かとアンケートを取ったところ、8時間とういう答えが最も多い割合を締めました。

このことから、日本人が感じる睡眠不足は、日本人が理想とする睡眠時間よりも1.5時間短く、また世界的に見ても1時間も睡眠の時間が短いことが原因と言えるでしょう。

1日8時間睡眠が正しい!?

世界の平均睡眠時間や、日本人の理想とする睡眠時間は記載した通りでした。
では、果たして睡眠時間が多ければ多いほど、人間の体は健康になるのか?
ふとここで私は疑問に感じたことがありました。
それは、日本という国は世界的にみても長寿大国として知られています。これはみなさんも承知の事実だと思います。
ではなぜ睡眠時間の短い日本人が、長寿であるのか?
矛盾しているように感じませんか?
私も気になりましたので調べてみました。

アメリカで睡眠時間と死亡リスクについての研究がおこなわれていました。
約110万人のアメリカ人男女を対象に、6年間にも及ぶ大規模追跡調査です。
結論から言いますと、睡眠時間は7時間の人が最も死亡率が低く、長寿でした。
睡眠不足の蓄積が、がん、糖尿病、高血圧などの生活習慣病をはじめ、うつ病などの精神疾患や、認知症などの様々な疾病の発症リスクを高めることは多くの研究で明らかになってきています。
が、単に睡眠時間が長ければ長いほど健康に良いというわけでもないようです。
睡眠時間が8時間を超えると死亡リスクが上昇するとういう結果もこの研究では明らかになりました。

少し意外ではありませんか?
昔からよく睡眠時間は8時間が理想!という言葉をよく耳にしてきました。
ですがそこには何の根拠もないのです。
とは言うものの、日本人の平均睡眠時間の6.5時間は体を健康に保つための、7時間の睡眠時間にはやや足りていません。

日本人の睡眠時間は慢性的に不足していることが言えるでしょう。

適度な睡眠時間が免疫力を上げる

免疫力を高めるためには、日々身体にかかっている肉体的ストレスを解消していく必要があります。皆さんが風邪を引かれた時のことを思い浮かべてもらうと、大体は「疲労が溜まっている時」に風邪を引いたり、体調を崩しやすくなっているはずです。

上記の通り、平均睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が高いというデータがあるように、7時間ほどの睡眠時間が日々の疲労回復を行う上では、重要となってくる睡眠ではないかなと考えます。

そして睡眠を通し、日々の疲労を回復していくことがこそが、免疫力を高めていく上では非常に重要であります。

まとめ

いかがだったでしょうか?コロナウィルスに負けない体作りには、「睡眠の確保」は大切なことです。自分自身の睡眠時間7時間未満で短いなと感じておられる方は、こんな時にこそ、少しでも多くの睡眠を確保できるように努力してみましょう!

とは言っても、なかなかまとまった睡眠が取れないという方も多いと思いますので、次回はまとめて7時間の睡眠をとることが難しい方に向けた【昼寝】の取り方についてを記事にしていきます。

健スマ整骨院公式ホームページはこちら>>>

関連記事

  1. コロナ対策その③ーグルテンフリー

  2. 早起きと朝日で免疫力を高める

  3. コロナ対策その②ー昼寝について