太らないアルコールとの付き合い方

この記事は院長の遠塚が担当しました

スタッフプロフィールはこちら>>>

皆さん、こんにちは!健スマ整骨院の院長の遠塚です。

突然ですが、皆さん、アルコールは好きですか?(笑)「アルコールは好きなんだけど、太ってしまうから・・・」「お腹にくるから控えている・・・」なんて方もおられるのではないでしょか?

私も、休日にアルコールを飲むのが好きなのですが、この記事では、アルコール好きの方でも太らないアルコールとの付き合い方をお伝えしたいと思います。

太らないアルコールとの付き合い方

お酒を飲むと太るというのは、嘘であり、本当です。というのも、アルコールをどのように飲酒するかによって全く結果が変わってくるからです。

アルコール自体には、一応カロリーがあるのですが、体内で吸収・蓄積される前にほとんどが燃焼されてしまうためエンプティカロリーと呼ばれています。
つまり、アルコールだけでは太らないと考えるのが有力です。

しかし、太ってしまう大きな問題が2つあります。
まず一つ目が、お酒に入っている「糖質の量」

お酒は大きく分けると2種類に分かれます。

  • 醸造酒:日本酒、ワイン、ビールなど
  • 蒸留酒:焼酎、ウィスキー、ブランデーなど

醸造酒は穀物や果汁などのアルコール発酵させたもの。糖質を多く含みます。
一方、蒸留酒は醸造酒を蒸留してアルコールなどの揮発成分を濃縮したもので「蒸留」によって糖質がカットされています。
アルコール度数が低く、糖質が多いビールなどは、たくさん飲んでしまいがちで、結局のところ清涼飲料水より危険が多いのです。甘いサワーやカクテルなどは論外です。
このようなお酒を毎回3倍以上飲んでしまうのは、単純に糖質の取りすぎということになりますから、アルコール以前の問題になります。
必然的に、太らないのは焼酎やブランデー、ウォッカ、ウィスキーなどの蒸留酒ということになります。これらの蒸留酒を、糖質が含まれないものと割って飲む分には全く問題ありません。もちろん砂糖たっぷりの甘いドリンクと割ったら意味がなくなってしまいますので、気をつけてください。

では、日本酒・ワイン・ビールなどの醸造酒は一切ダメなのかというと、そういうことではなく、うまく付き合うことが大切です。
ポイントになるのが、安いものをあまり飲まないこと。これはお酒全体で言えることですが、安いものは不純物が多く、その分肝臓に負担をかけるため、悪酔いがしやすく無駄に体への負担が多くなります。良いものを適量飲むという心がけが一番大切です。
例えば、ウーロンハイを飲みたいのであれば、質の良い焼酎のウーロン茶割を頼むのもコツです。
糖質を避けるために、添加物の多いカロリーオフなどの発泡酒にはあまりでを出さない方が良いですね。

問題の2つ目は「おつまみ」です。お酒で太る原因のほとんどは、お酒自体の問題よりも一緒に食べているおつまみのせいです。
お酒を飲んでいるときは、食欲が増し、脂肪を吸収しやすくなるととも言われていますので、お酒を飲んでいるときに何を食べているかは重要なことです。

まず、炭水化物はできるだけ避けるようにしましょう。糖質が少ないお酒を飲んでいるのであれば、通常の食事分くらいで問題ないと思いますが、醸造酒を飲む場合は、その分も考慮して炭水化物を減らした方が良いでしょう。一番頼見がちですが、「締めのラーメン」これは一番避けた方が良いです。

太らないおつまみはこれ!

それでは、どのようなおつまみが良いかというと、「マゴハヤサシイ」の食材です。「マゴハヤサシイ」食材は皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、このような食材のことを指します。

 豆
 ゴマ
 わかめ
 野菜、果物
 魚
 しいたけ
 いも

このような食材をバランスよく取ることができると健康的です。
では、なぜ「マゴハヤサシイ」が体にとって良いのか説明しましょう。

アルコールが肝臓で分解される際に、同時にビタミンとミネラルも同時に消費します。これらは体脂肪燃焼にも必要な栄養素なのです。いずれも糖質の代謝やたんぱく質の合成といった、体内の酵素活性に必要な栄養素なので、アルコールの分解によって消費して不足してしまうと、太りやすく、痩せにくくなってしますのです。
ですので、飲んでいる際はこのような食品を意識して食べるようにしたり、次の日は、「マゴハヤサシイ」を意識して身体をリカバリーできると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分が普段、飲酒をしている際に「どんな種類のお酒」を好み、「どんなおつまみを口にしているのか」を知ることで、健康的な飲酒の仕方が見えてくると思います。上記で記載した内容を全て、普段の生活に反映させられなくとも、「これは変えてみよう」と1つ、2つでも変えて行くことで、少しずつ健康な身体へと近づいていくものだと思います。

皆さんも、アルコールを飲んでいる際は、楽しく、健康的に飲むようにしてみてください!

健スマ整骨院公式ホームページはこちら>>>

関連記事

  1. ジャンクフードで老化が促進!?

  2. 果物ダイエットは実は太りやすい??

  3. 1日3食は胃腸を疲れさせ、不調を招く!?

  4. 肉イメージ

    無理な食事制限で筋肉が激減!?

  5. 自律神経を整える食事

  6. 朝食抜きの1日2食で体脂肪を燃やす