ジャンクフードで老化が促進!?

記事担当ー田村

スタッフプロフィールはこちら>>>

皆さん、こんにちは!健スマ整骨院、施術師の田村です。

本日はジャンクフードについて記載させていただきますが、皆さんはジャンクフードの定義をご存知ですか?なかには、ファーストフードだけがジャンクフードだと勘違いされている人も多くおられるようです。それではジャンクフードとはどのような食品を指すのでしょうか?

ジャンクフードとは??

ジャンク(junk)を日本語に翻訳すると、「がらくた、くず物、くだらないもの、麻薬、(特に)ヘロイン」という意味だそうです。知っていましたか?要するに「食べる価値のないもの」くらいの意味になるのですかね。もう少し具体的に言えば、カロリーは高いけれど、身体にとって良い栄養素であるビタミンやミネラルが少なく、吸収の速い炭水化物と体に悪い脂質、食品添加物が多い食べ物のことです。

ファーストフードのフライドポテトやハンバーガー、ドーナツやポテトチップス、ポップコーンなどもそうですし、スナック菓子などのお菓子類のほとんどもジャンクフードです。

意外とジャンクフードだと思われていないのが、ケーキやアイスクリームです。これらもビタミン・ミネラルはほとんどありませんから、ジャンクフードに該当します。

パン類もほとんどはジャンクフードに該当します。菓子パンは当然ですが、精製した小麦粉で作ったパンやバターを多く使ったパンは、吸収の速い炭水化物であり、脂質も豊富。それにパンに多く使われるマーガリンやショートニングなどの人口油脂や保存が効くものは添加物が多く含まれており、とてもじゃないですが、健康的とは言えない食品です。

日本人はプラスチックを食べている!?

ジャンクフードには他にも、「トランス脂肪酸」が多く含まれている問題があります。

トランス脂肪酸とは、人間が保存期間を長くするなどのコストダウンの目的で通常の油に水素を加え、元素記号を変化させてしまった自然界にはない脂肪酸のことです。いわば、化学物質、プラスチックを体内に取り込んでいるようなものと言っても過言ではありません。

これが含まれた食品を多く摂取することで、消化器官に大きな負担を与え、数多くの病気を引き起こす可能性が高くなると言われています。

トランス脂肪酸が多く含まれている代表的なものが「マーガリン」です。マーガリンは一時期、植物性の油脂だから動物性油脂でできているバターよりも健康に良くて、低カロリーだと言われていましたが、それは大きな間違いです。人間が不自然に元素を変えてしまった時点で自然の食べ物ではなく、化学添加物です。

「狂った油」とも言われているトランス脂肪酸ですが、すでに何年も前から欧米を中心とする諸外国では対策がなされ、アメリカでは、アメリカ食品医薬品局がアメリカ全土でトランス脂肪酸の食品利用を事実上禁止する方針が発表されました。

どういうことかというと、トランス脂肪酸が入っている食品をお客さんに提供することが犯罪になるのです。ホテルで出てきたパンの横にマーガリンが置いてあったら捕まってしまうということです。

アメリカはジャンクフード大国のイメージがある人も多いかと思いますが、そのアメリカでさえもトランス脂肪酸を使ってはいけないということになっているのです。アメリカだけではなく、ヨーロッパの国々や中国、韓国でも規制が強くなってきています。

ところが、驚くことに日本では規制が全くない状態です。厚生労働省の調査によると、諸外国と比べ、1日あたりのトランス脂肪酸の平均摂取量が日本は低い傾向にあるため、対策がなされていないわけです。

ちょっと怖いですね。。。コストダウンのために使われているこのトランス脂肪酸の規制が入れば、当然食べ物のコストは上がり、物価が上昇するというわけです。難しい問題だとは思います。

血糖値が高い人ほど早く老ける

他にもジャンクフードの危険性として言われているのが、AGEsという物資です。

AGEsとは、「終末糖化産物」の頭文字を取った言葉で、糖とタンパク質が熱によって結合した物質です。

ホットケーキを焼くと、きつね色になると思いますが、これはタンパク質と糖が熱で結合した結果でる「メイラード反応」というもので、簡単にいうと「糖化」です。

タンパク質を摂取した時に、体の中では血糖という形で全身に運ばれますが、これが体内の筋肉や皮膚などのタンパク質と結合してAGEsを作り出します。それがシミやシワ、皮膚のたるみなどの原因ではないかと言われているのです。糖の摂りすぎによる白内障や、心臓病の原因もAGEsが関わっているそうです。血糖値が高いと体内のAGEsが多いとされていて、死亡や病気のリスクも一気に高くなる傾向にあります。

血糖値が高い人ほど老ける速度が速いと言われているのも、AGEsが関係しています。ジャンクフードのAGEsの含有量はとてつもなく多く、さらに糖度の高い清涼飲料水などを合わせてしまうと、それこそ最悪の状態になってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?ジャンクフードがどれだけ私たちに体に悪影響を及ぼしているかがお分かりいただけたと思います。

私たちはジャンクフードやトランス脂肪酸をはじめとする食品添加物を多く含む食品が多々、日本では流通しているということは知識として知っておく必要があると思います。その上で、どんな食品を日々選んで食べるのかを選択していく必要があります。健康的な身体を作っていくためには、「正しい情報」を知り、「習慣を変える」ことが大切です。ぜひみなさんも今一度”食”に対して見直してみてくださいね。

健スマ整骨院ホームページはこちら>>>

関連記事

  1. 1日3食は胃腸を疲れさせ、不調を招く!?

  2. 朝食抜きの1日2食で体脂肪を燃やす

  3. 太らないアルコールとの付き合い方

  4. 内臓脂肪を劇的に落とす方法

  5. 肉イメージ

    無理な食事制限で筋肉が激減!?

  6. 自律神経を整える食事