筋肉は毎年1%ずつ減っている!?

ヨガイメージ

この記事は院長の遠塚が担当しました

スタッフプロフィールはこちら>>>

皆さん、こんにちは!院長の遠塚です。

最近、利用者様の中で、「昔と比べて疲れやすくなった」「睡眠が数年前と比べると浅くなってきた」と言ったお話をされている方を良く耳にします。
実は、これらの原因は「筋肉の衰え」が大きく影響をしています。
筋肉が衰えてしまうことによって様々な不調が身体に生じてくるようになるのです。
あなたの筋肉も衰えていっていませんか・・?

 筋肉は1年間で1%ずつ落ちている?

さて、皆さんが今40代だとした時に、20代の時と比べて筋力はどれくらい低下していると思いますか?
答えは20%です。20代の時点で100だとすれば、40代になると80のレベルまでに低下していってしまっているのです。

40代ー20%減
50代ー30%減
60代ー40%減
70代ー50%減

人間の筋肉は、20代をピークに、それ以降、筋繊維は細く小さくなっていき、およそ1年間で1%ずつの筋力が低下していくのです。なお、こうした筋力低下が及ぼす影響は30代であれば、まだ自覚症状は少ないのですが、40代を超えたあたりから、徐々に身体に現れてくることになります。この筋肉の衰えこそが、「昔と比べて疲れやすくなった」「睡眠の質が低下してきた」などに直結して現れてくるのです。

 筋肉の役割

筋肉というのは、「身体のエネルギー」を作っている存在です。これが小さくなっていくということは、生み出せるエネルギーの量が低下していっていることを意味します。仕事で例えると、1年で1%、10年で10%の割合で縮小しているということになりますので、その中で、以前と同じ活動量を維持しようとすると、日々疲れが取れにくい状態に陥ってしまっているということですね。

では今後どのように向き合っていけばいいのか?選択肢は2つあります。

少なくなってきたエネルギー量でも大丈夫なくらい毎日の生活レベルを落とすか、それとも毎日活動していても疲れがたまらないように、筋肉を鍛え、エネルギー量を増やすか2つに1つです。あなたはどちらの選択をされますか?

 あなたの筋力は大丈夫??

下記のうち当てはまる項目がどれくらいありますか?数が多ければ多いほど、あなたの筋力は低下していることがわかります。

ここ何年かは、運動する機会がなくなっている
以前と比べて歩行速度が遅くなってきている気がする
最近、ちょっとした段差でつまずいたり、足を引っ掛けるようになっている
数年前と比べて、同じ仕事をしているが、疲れが溜まりやすくなり、無理が効かなくなってきている
階段とエスカレーターがあれば、迷いなくエスカレーターを選択するようになった
手足の冷え、むくみが年々強くなってきている気がする
近くに買い物やお出かけをするだけでも車を使用している
腰や膝、股関節などに痛みやだるさを感じている
以前よりも食欲が増しているわけではないのに太りやすくなっている
健康診断でメタボと診断を受けた
以前よりも睡眠の質が低下してきていたり、早起きの体質に変わってきている
姿勢が年々に前かがみになっている

いかがでしょうか?いくつの項目が当てはまりましたでしょうか?これらの項目は筋肉が減少してきた人によく現れる特徴や傾向についてまとめたものです。当てはまった項目が多い人は、筋力を鍛えていく必要があります!

 

 何歳になっても筋肉は鍛えられることができる

筋肉というのは、どんなに年を取っていっても鍛えれば、しっかりと増やすことができます。80歳になっても90歳になっても、筋力量を増やすことは科学的に証明されています。何もしなければ衰えていく一方ですが、しっかりと日々の生活の中で運動をしていたり、鍛える習慣があれば、十分に筋力を維持したり、増やしていくことができます。流石に60代になってから20代の筋肉量に戻していくことは難しいですが、何歳からでも10〜20%程度の筋力量を増やすことは十分に可能です。

筋肉減少の流れさえ変えることができれば、体が老化していく流れも変えることができます。つまり、筋肉をつけていけば、体力や活力が衰えていくことに歯止めがかかり、老化のスピードを緩やかにしていくことができるのです。そして、何よりも健康的な身体を作っていくことができます。あなたもこの身体の流れを変えてみませんか?

 まとめ

いかがでしたか?健康を気づいていく上で、一番大切なことは、今現在の自分の身体の状態を「知る」ということだと思っています。以前と比べてどのように身体が変わってきているのかを知ることで、今後どのように過ごしていくのかが見えてくるものだと思います。

この記事で、「私も筋力が落ちてきているのはすごくわかる」という方は、ぜひ、今度は「知った」から「行動」を起こせるように取り組んでいきましょう!

健康的に筋肉を鍛えていく方法は別の記事で更新していきたいと思います!

関連記事

  1. 腹式呼吸イメージ

    自律神経を整える呼吸法

  2. 筋トレイメージ

    老けない体を作る5つの筋トレ方法

  3. 睡眠イメージ

    ぐっすり眠る秘訣

  4. インナーマッスル

    インナーマッスルとはナニ??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。