肩こり改善例

院長

 肩こりでお悩みの改善例①

野洲市にある健スマ整骨院に肩こり、姿勢の改善をご希望でご来院された方の症例を記載させていただきます。

この記事は院長の遠塚が担当しました
スタッフ紹介ページはこちら>>>

《症例:30代男性・野洲市にお住まい・職業:デスクワーク》

お悩みの症状

  • 肩こりの症状に3年くらい前から悩まされていたが、最近1ヶ月前くらいから酷く、仕事での作業時間が長くなると辛く、集中力が低下してくる
  • 肩こりがひどい時は、頭痛も出てくることがある。薬を服用すると治る。
  • 肩の動かしづらさを感じている
  • 猫背が自分では原因ではないかと思っている
  • 普段は腹筋やスクワット、腕立て伏せのトレーニングを行っている

お身体の状態(検査結果)

  • ”肩甲挙筋””僧帽筋”という首、肩周りの筋肉の緊張が強く、固まっている
  • 肩や肩甲骨、首の動きをチェックしたが、肩甲骨の動きが悪くなっているため、肩の動かしづらさが出ている
  • 姿勢は、※1「巻き肩」※2「ストレートネック」となっており、典型的な猫背姿勢となっている
  • 腹筋やスクワットを普段からしているとおっしゃていたが、「インナーマッスル」と呼ばれる姿勢を維持するための筋力が弱いために、正しい姿勢を作るとすぐに疲労感が出てきてしまう

※1 巻き方:肩が内側にのめりこんでしまっている状態
※2 ストレートネック:首の骨がまっすぐになってしまっている状態

お伝えさせてもらったこと

肩こりの原因は様々ありますが、「筋肉が緊張することによって起こる」肩こりである。なぜ筋肉が緊張しているかというと「姿勢が崩れてしまっていること」が根本原因である。姿勢は身体を支えるための”土台”です。土台が崩れてしまっているので、バランスよく身体を支えることができず、代わりに”肩や首回りの筋肉”が使いすぎてしまうことによって、筋肉が緊張し、血流が悪くなり、最終的に痛みや頭痛を感じている。

これらを改善していくために、

  • 猫背矯正ストレッチ
  • 筋肉調整
  • EMSにてインナーマッスルの強化

の3つの施術方法を3ヶ月間週に1回ペースで施術を行い、肩こりを緩和させつつ、姿勢まで改善し、日々の生活で肩こりを感じない、第三者からみても姿勢が良くなったと言われるようにしていくことを目標にしていきましょうとご提案しました。

経過

<初回施術後>
肩こりの症状が半減したのを実感いただいた
姿勢矯正後、座っている時の姿勢が明らかに伸びている感じを実感いただいた
肩の回しづらさが改善された

<5回目終了時>
始めのだるさ・痛みが10だとしたら3まで下がった。
仕事中の肩こりが以前と比べて軽くなっている感じがあるとおっしゃった

<10回目終了時>
仕事デスクワークをしていてもほとんど肩こりを感じることは無くなった
朝がスッキリと起きれるようになった

施術師コメント

この方は、慢性的な肩こりでお悩みでしたが、特に姿勢が悪いことを気にされていました。他の方に「姿勢が悪い」と言われたようで、これは治したいという一心でご来院いただきました。腹筋やスクワット、腕立て伏せをしてご自身でも取り組んでおられたようですが、この方の場合、逆に姿勢を悪くするトレーニングになってしまっていたこともあったので、鍛えて欲しい部位や行って欲しいストレッチの方法をお伝えし、施術と合わせて頑張っていただけたのも、順調に改善が見られた要因であると思います。3ヶ月弱で、肩こり、姿勢が改善したため、卒業されていきました。

肩こり専用ページはこちら>>>

 

 

関連記事

  1. 患者様の質問から答える頭痛の対処方法Q &A

  2. あなたの肩こりや頭痛はストレートネックが原因です!

  3. 頭痛

    あなたの頭痛の原因は3種類のうちどれですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。